面白かった記事~高利回りのインフラファンドとは

   

配当生活を目指す人にとっては面白そうな記事がありましたので少しご紹介します→注目の高利回りインフラファンドとは

要約しますと
リート系の商品は利回りがいいが需給面で不安が残る
利回りが高い商品にインフラ系があるが中でも太陽光発電
いちごグリーンインフラ投資法人は今後10年の利回りが年7%を超える

ということで早速検索検索でございます(笑)

公式サイトhttp://www.ichigo-green.co.jp/
こっちのほうが分かりやすいかもhttp://www.japan-reit.com/infra/9282/

スレがたっていたので少し拝見したところ→https://textream.yahoo.co.jp/message/1160005260/9282

利益超過分配金がちょっと話題になっていましたが、確かに多いような気がしないでもないです 利益超過分配金とは

また、直接的には関係ありませんが負ののれんの取り崩しについても議論されていましたので気になって調べてみました。
負ののれんはリート銘柄についてはよくあるようなので知っておいても損はないでしょう。 REITの「負ののれん」を理解する

ざっくり言うと、通常は企業を買収する場合などのれん代としていくらかプレミアムを加味した金額が計上されると思いますが、負ののれんの場合は文字通り安く買っているので税金がかかってきます。リートの場合は配当すれば税金かからないわけですが、現金収入があったわけではないので一括して配当せずに積み立てておけるので配当を平準化することに役立てることができるとのこと。
負ののれんがタコ足配当になるのか否かについては議論のあるところのようです。

話を元に戻しましょう。この銘柄の投資対象は太陽光発電ですがご存知の通り太陽光発電の固定買取制度20年ですね。
確かに現在の株価に対しての単年の利回りは結構高いですがこの点をどう考えるのか?
安定した高利回りのキャピタルゲインではありますが20年後どうなるのか?
2017.7.28現在9282いちごグリーンインフラの株価は98500円。
仮に20年×7000円の14万円の配当を貰って、20年後株価ゼロでも4万円程度は残りますね。
さあ貴方は買いますか?買われますか!?




 - ETF/ETN, 面白かった記事など ,