投資信託をスイッチングすると手数料がお得になるらしい

      2017/06/02

ソニー銀行さんはスイッチングできる投資信託がいくつかあります。
楽天さんやSBIさんは取り扱い本数は多いですがスイッチングはできません。スイッチングできると手数料的にお得になるのでやってみたい。
やってみたいと思うとやらずにはいられないので、ソニー銀行さんに数万円だけ振り込んで投資信託を購入してみました。

投資信託そのもの取り扱い本数は現在219本と少ないですが、スイッチングできるものは48本もあります。

私の目論見としてはブル型の投信とベア型の投信を機動的に運用して利益を得るという算段です(上がるか下がるか分かるなら普通に株やりなさいよという指摘は置いておき)

まず日本トレンド・セレクト/リバース・トレンド・オープンという日経平均が上がれば下がり、下がれば上がるという商品を購入。ちなみに購入時は普通に手数料が1%かかります。

スイッチングできる商品はスイッチングできる対象の投資信託が決まっています。

つまり、相場が下がっているときはリバーストレンドを買い、上がっているときはハイパーウェイブを買い、よく分からないときはマネーポートフォリオを買う、いや、スイッチングするという感じです。

さて、相場が少し下がり基準価格が上昇しましたのでスイッチングしてみます。なんだか少し緊張します笑

手数料を除くと77円儲かっている計算です。このリバーストレンドを一旦解約し、マネーポートフォリオを購入します。相場がどっちに動くかよく分からないからです(分かっていたら既に大金持ちという話もありますが)。勿論手数料はゼロです。ちなみにこのマネーポートフォリオは単に資金をプールしておくようなものです。

さて、相場が下がるかもと思った私は再度リバーストレンドを購入しました(何度も言いますがそれが分かれば苦労はしない)。本来必要な手数料はかかりません。

マネーポートフォリオを解約してリバーストレンドを購入する形です。気になるのは2円目減りしている点。恐らく口数などの関係で端数が出たりするせいだと思われます。
賢い貴方はお気づきでしょうがリバーストレンドをそのまま持っていたほうが良かった、というのは内緒にしておいて下さい。

そして、リバーストレンドを買った直後に日経平均が400円以上も値上がりするという、相場が値上がりしてるのに損するという、株をやったことがない人には理解不能な現象に見舞われましたのでまた速攻マネーポートフォリオに逃げ込みました笑

結論
相場の上げ下げをうまくつかむ、なんてうまくいけば苦労はない 笑

いや、スイッチングの話でしたね。やはり手数料がかからないのはおいしいです。




 - 手数料関係