相変わらずIG証券がえげつない

      2019/12/09

IG証券ノックアウトオプションにVIXが追加されていたのを遅ればせながら気づき、少しだけ取引していました。
やはり為替の交換レートがえげつなく顧客に不利になっていますね(笑)
顧客が支払う(損失を出す)場合は50銭ほど円安レート、受け取る(利益になる)場合は50銭ほど円高レート。

やはりドル口座のほうが長い目で考えるといいので、ドル口座に変更しようと問い合わせたところ一旦口座を閉じて新規で口座開設をし直し、その時にドル口座で開設する必要があるとのこと。

仕方ないので一旦口座をクローズしましたが、その方法も電話ではダメでメールで申請する必要があり、住所氏名生年月日を記載して申し込む必要がありました。
何だか変な仕様だなと思いつつ、クローズ自体は2日ほどで完了。ログインもできなくなっていた事から再度新規口座開設を申請してみました。

ところが、お客様は既に口座をお持ちのようですとなり、何度やっても口座開設の申し込み段階ではじかれてしまいました。

再度、問い合わせて口座が申し込めるようになったもののここでもひと手間かかりようやく口座開設申し込みが完了。
そしてすぐドル口座にするための確認の電話がかかってきました。
出金時の手数料を念のため聞くと、手数料が2000円、さらに出金時の為替レートに20分の1だか0.05%だかかかってくるもよう。そもそもドルで入金してドルでそのまま出金するのに手数料はまだ分かるとしてなぜ為替レート云々の話がでてくるのか。
外貨で入金するときに手数料がこちら側でかかりますし、結局ドル口座作ってもあまり意味がないかもしれない。
だいたいドルで購入するとしてもその購入する時のレートをIG証券独自のレート(手数料)が別途徴収されるなら同じことですしね。




 - 海外証券関連 ,