NISA口座で失敗しない~楽天証券からNISA口座を変更したい

      2017/06/02

NISA口座って税金が安くなる、あるいは税金がかからないくらいしか知らない方も結構いらっしゃると思います。
私も自分が実際にNISA口座を開設するまでよく分かっていませんでした。
1年に120万円まで税金がかからない、と言われると120万円の利益にかからない?120万円の株とか投資信託に税金がかからない?というくらいの知識でした。
ざっくり言えば税金がゼロになるのは120万円買った部分です。つまり、10万円分ETF買って売却、10万円分買って売却ということを繰り返すと12回でNISAの枠を使い切ることになります。なのでデイトレーダーのように売買を繰り返す人にはあまり関係のない話。
この事からもうかがえるようにNISAとは短期売買を繰り返すような人に向けて作られた制度ではなくある程度長期に株や投資信託を保有する人向けになるでしょうか。
ちょっと勘違いするのが非課税期間が5年なので120万円×5年で600万円の枠があるとか1年間で120万円の売買益等に税金がかからないとか思ってしまう点でしょうか。
1年で120万円分買ってその買った分の非課税期間が5年になります。また1年間売買しなかったからと言って翌年に持ち越すことはできませんし、昨年買った分を売却したからと言ってその分今年の枠が減るわけでもありません。

さて、今年になって母親のNISA口座を開設しようと思い、いろんな証券会社に口座開設をしていましたがこれが意外に難航しています。70歳を超えているのでその点で証券会社の確認などが必要だったり、なかには70歳以上は開設の受付さえだめなところもあります。
楽天証券は口座の開設自体はできたのですが、すぐにアカウントロックをされる始末。なにやら確認したいことがあるということでしたが、同時期に申し込んだNISA口座の開設手続きは進んでいるもよう。

GMOクリック証券やマネックス証券は普通に口座開設できましたのでもう楽天さんに用はなかったのですが楽天証券でのNISA口座は税務署での審査中となっており、この状態でキャンセルは恐らくできないでしょうし話がめんどくさくなるので口座開設を待ちたいと思います。
しかし、楽天証券がNISA口座開設のサービスとしてやっていた住民票取得サービスを申し込んでから正式にニーサ口座の開設申し込みを受け付けて貰うまでに約1か月かかっています(笑)その間にマネックス証券とかに口座開設ができたわけで、アカウントロックするならNISAの開設も中止してくれればいいのにと思いますが。

ニーサ口座が開設されたらすぐに金融機関の変更をしたいと思います。

ニーサの金融機関の変更は毎年できるということは知っていましたが(既に昨年自分の大和証券のニーサ口座を楽天証券に変更)今年開設したニーサ口座を今年さらに他の金融機関に変更できるのか?楽天証券の話によれば一度もNISA口座で売買していなければ9月30日までであれば変更は可能とのことでしたがこれは一般的な話であって、今回のように今年開設したものを別の金融機関に変更することとは違う話かもしれません。窓口担当やカスタマーの人は一般的な知識を持って説明することがよくありますので注意が必要です。
変更できなければ今年は楽天証券で我慢しなければなりませんが、そうなるとアカウントロックを解除してもらわなければならないので母親に電話させなければいけません。

それにしてもニーサ口座開設の為に約3か月ほど右往左往しています(笑)




 - ニーサ ,